料理本マニア

2009/12/20

-6つの“基本だし”で毎日美味しい!- 飛田和緒のなべ

なべの本を買いました。
-6つの“基本だし”で毎日美味しい!- 飛田和緒のなべ

かんたんに美味しくできそうなレシピがいっぱい。
イワシとかサバとか、鴨で団子を作るなべ、挑戦してみたいな。
でも、アワビのしゃぶしゃぶ、なんて手が届かなさそうなのも。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009/06/18

ナシゴレン作りました(“おうち★アジアン/川上文代著”より)

200906181
おうち★アジアン/川上文代著のレシピで、ナシゴレンを作りました。
ナシゴレンは、インドネシア版の炒飯。
もちろん本物は食べたことがないのですが、地元のエスニック料理屋さんでおいしいものを食べたのが忘れられず、いつかおいしく作ってみたい・・・と思っていたのです。
市販の「ナシゴレンの素」を使っても納得できる味にならず、ほかの料理本のレシピで作っても不満が残っていたのですが、この本のレシピではおいしくできる予感がしました。
このレシピでは、あらかじめ「ミックスオイル」と「サンバルソース」という二つの調味料を作ります。
これらをベースとして、コリアンダーシード、ケチャップ、醤油などで味付けします。
辛いけど甘味がある、そして「ミックスオイル」の中に入れた、ある食材のおかげでコクのある美味しさに仕上がりました。
また作りたいと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009/05/05

LIFE なんでもない日、おめでとうのごはん/飯島奈美 著

フィンランドを舞台とした大好きな映画「かもめ食堂」では、サチさん(小林聡美さん)の作る料理がとてもおいしそうです。
おにぎりも、しょうが焼きも、シナモンロールも、焼き鮭も、みんな、心がこもっていておいしそう。
そんな料理をコーディネイトしていた方のことを、実は、最近になって知りました。
小林聡美さんともたいまさこさんの出演していた「2クール」という番組(DVDで見ました)の中で、お弁当を作った時がありました。
おにぎりやから揚げ、卵焼きなどを、二人と一緒に作っていたその方こそが、かもめ食堂の料理も監修したフードスタイリストの飯島奈美さんでした。
そして数日後、たまたま見た「ほぼ日刊イトイ新聞」で、飯島奈美さんの料理の連載があったこと・料理の本が間もなく発売されることを知ったので、その料理の本を早速予約注文しました。
それが「LIFE なんでもない日、おめでとう!のごはん。
料理に対する愛情を感じられるレシピです。
今まで作ったことのある料理も、初めてのものも、この本のレシピで作ってみたくなります。
豚汁と、おはぎを作りました。
200905051
おはぎは初挑戦。
先日、地元の物産展が行われていたので、生産者の方から直々に小豆ともち米を購入しました。
小豆は750グラム入だったので、大き目の鍋で全部を餡子にしました。
もち米は、我が家の炊飯器の限度である5合を炊きました。
夫に「どうせ作るなら作れる分作ればいいんじゃない」とそそのかされたので・・・
そしたらおはぎは40個も出来上がってしまったのです!
炊き上がった米を半分つぶしてから小さめに丸めたつもりが、餡子をつけておはぎにすると、普通サイズになりました。随分と大きくなるもので、驚きました。
たくさん出来たので、夫の実家やわたしの実家、おばあちゃん家、夫の職場、友達にも配りました。
「少し固い」とか「甘みが足りない」という意見もありましたが、喜ばれたので、嬉しいです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007/07/18

サーモンのトマトクリームパスタ

200707183
100万人が選んだ大絶賛パスタ―COOKPAD に載っているレシピ、ののんさんの「サーモンのトマトクリームパスタ」を作りました。
塩鮭をいただいて、たまたまトマトもあったので作ってみましたが、とってもおいしくできました。
わたしって、スゴイ!って思ったけど、すごいのはレシピを作った方ですね・・・
この本には、「へぇぇ~!」と思うパスタのレシピがたくさん載っていて、楽しい料理本です。

COOKPAD掲載のレシピはこちら
ののんさんの「サーモンとトマトクリームのパスタ」

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007/05/19

ある日の食卓 【夕方、まだあかるいうちからビールをあけるしあわせ。/藤井恵著】より

200705193
ある日の食卓。
【夕方、まだあかるいうちからビールをあけるしあわせ。/藤井恵著】から。
200705194
鶏肉の塩唐揚げ
(鶏胸肉の皮を除いていますが、厚みをととのえず薄くしなかったため、火が通りづらく苦戦しました。)
からしをつけていただきます。香ばしくておいしい!
鶏胸肉は家計のお助けアイテムとして最近よく買うので、レシピを増やしているところ。
この塩唐揚げも、定番にしたいです。
200705195
本のレシピでは、きくらげとクレソンとたたききゅうりのサラダでしたが、在庫があったレタスとたたききゅうりのサラダにしました。
ピリ辛のたれがからんで、とてもおいしいです。
これは、夏の定番になりそうです♪

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2007/05/18

【天然酵母のおいしいパン/平野由希子著】天然酵母パン、作りたい

amazonで、在庫一掃 大セール実施中だそうですよ。
Routine Jazz #9 selected by Kei Kobayashiを買ってしまいました。
半額だったのです。
このシリーズ、大好き。

さて。
国産の粉とインスタントドライイーストを使って、丸パンや食パンなどのシンプルパンを焼く日々ですが、
最近、天然酵母のパンに興味が出てきました。
200705182
とりあえず入門編として天然酵母のおいしいパン/平野由希子著を読みました。
この本は、ホシノ天然酵母パン種を使ってのパン作りの本。
ホシノ天然酵母パン種(粉末状らしいです)を使った生種作りの方法、その生種を使っていろいろなパンを作る方法、パンに合うものやパンのアレンジ(ジャムやレバーペースト、シーザーサラダなど)のレシピが載っています。
「天然酵母パン」なんて言うととっつきづらそうな、難しそうなイメージがあったけど、この本を読む限りでは、思いのほか、簡単にできそうな気がしてきました。
この本に載っている、見た目も素朴な、粉や牛乳などの材料のおいしさがじっくり味わえるようなパンを焼きたいなぁと思いました。
よし、挑戦してみよう。とりあえず、「ホシノ天然酵母パン種」を通販で買ってみようと思います。

いずれ「自家製酵母パン」も作りたくなるんだろうか・・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007/03/21

平野由希子のベストパスタ101

200703215
まいにちでも食べたい 平野由希子のベストパスタ101
人気の定番パスタからル・クルーゼで作る味わいパスタまで
宝島社 980円(税込)

ほとんど何もしないカンタンなパスタから、おなじみのもの、ちょっと手のこんだもの・・・いろいろ載っていますが(たぶん、101レシピなのでしょう)おっ、と思ったのは、“Chapter2 アーリオ・オーリオは毎日だって”
基本のアーリオ・オーリオをはじめ、バター風味、しょうが風味、などなど・・・今まで考えもしなかったレシピが載っていて、試してみようと思っています。
ちょっと残念なのは、写真があまり綺麗じゃないページがあること。
料理本は、それだけ眺めていても素敵で楽しいのが良いのです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007/03/15

「伝言レシピ」より鶏団子の味噌汁

高橋みどり著「クウネルの本 伝言レシピ」
高橋さんがいろんな人から聞いたおいしいレシピ。ku:nelに連載しています。
この本の中から気に入って作っている料理がいくつかあります。
良い情報を得るのに口コミっていうのは信頼性が高いのではないかと思いますが、この本に載っているレシピも、カンタンなのに美味しい、それぞれの人が気に入って作っている料理を高橋さんに伝えているようで、実用性が高くてとても良いと思います。
今回初挑戦したのが、このお味噌汁。
煮干だしの味噌汁に生姜の利いた鶏団子、それに大根おろしも入って体にやさしくおいしい味でした。
Braun マルチミックス M880で、鶏肉をミンチにして、他の材料と混ぜました。とっても便利!

200703152

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/05/20

ある日の夕食 南国チキンライス【高山なおみ うちの玄米ごはん】

200605202
南国風チキンライス
NHKきょうの料理で高山なおみさんが紹介したのを見て以来、作るようになりました。
うちの玄米ごはん」という本にも掲載されています。(75ページ)
蒸し鶏を作ってからその蒸し汁や生姜、ナンプラーを使ってごはんを炊き、蒸し鶏と香菜をのせていただきます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/05/16

【パン作り12か月】

パンが焼けない日が何日か続いていて、
なんだか物足りない・・・・・
こないだ作った山型食パン、ちょっと失敗だったから再挑戦したいなぁ。
デコボコになっちゃって成型は失敗だったけど、厚切りでトーストにしたら美味しかった。

amazonマーケットプレイスで、パン作り12か月という本を買いました。
その名の通り12ヶ月の月ごとに本格パンとクイックブレッド(イーストを使わないものとか)の2種類ずつのレシピを紹介しているほか、パンにまつわるエッセイも掲載されていて、パンを作りたい、ウキウキした気分にさせてくれます。
この本では“1月”に載っていますが、ベーグルのレシピ、何冊か手持ちの本によって全て配合が違うので、これも試してみたいと思います。

今は、あれこれ作るというよりも、食事用のシンプルなパンを何種類か焼くのを得意にして、更に、それを展開したレシピを考えたり、自分に定着させたりしたいと思っています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)