考えること

2008/09/27

わたしの「ゆめ」

わたしの「ゆめ」って何だろう
自分がどう思っているのかすら語れないのは恥ずかしいことなのか
でもわからない・・・

子どもの頃からその場しのぎで生きてきました。
短期目標はあっても、長期的に特にどこを目指すとかありませんでした。
大人になって「ゆめ」は何か、と問われる機会があってから意識するようになり、それから10年あまり、ふとしたときに「ゆめ」について考える日々でした。
でも答えは出ません。
皆さん明確に口にできるのかな・・・と思うと、焦りすら感じます。

そんなわたしが最近考えていたこと。
相変わらず、たいそうな「夢」と語れるほどのものは無いです。
ちょっとした「ゆめ」というか「心がけたいこと」程度というか。
それは、日々を生きることを楽しむことです。
「楽しむ」というと語弊があるかも知れません。
日々「楽しい」ことだけではないし、「楽しく受け取ろう」ということでもありません。
「ポジティブ」でいたいとは思いますが、何でも「ポジティブ」に受け取れはしません。
毎日のこと・・・大きいこと・小さいこと・嬉しいこともいやなことも、自分のものとして受け止めて、じっくり味わって暮らしたい、その味わいを楽しみたい ということです。

残念ながら、「こうなりたい」と思える人よりも「こうなりたくない」と思うような人が周りには多いです。
何があっても愚痴しか言わないような人とか。
もっと憧れるような人が近くにいたらいいのに、といつも思っていました。
しかし、全て憧れる人は実際にはいないのでしょう。
色々な人から何かを感じ、良いところは真似をして悪いところは真似ずに、どちらにしても、いかに学び取るかが大切ではないでしょうか。
感じる心、それをやるかやらないか判断し、実行する力を持っていたい。
そうやって自分の器を少しずつ大きくするように生きるのが、今思っている「ゆめ」です。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008/08/26

充電!

先週、会社でとても嫌なことがありました。
明らかにおかしい言いがかりをつけられたのですが立場上言い返せず。
それでしばらく悶々としていたのですが、週末には飲み会があって、親しい先輩に愚痴を聞いていただいたり、いろんな人と楽しく話をしながら飲んだりできたので、元気をいただけました。皆さんありがとう。
休みには祖母と母と一緒にご飯を食べに出かけたり、これまた楽しく過ごしました。
元気にさせてくれる人がいることに感謝。
そして、嫌なことがあっても、その人たちのことを思い出してがんばろう、と思えました。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008/01/19

話す力・聞く力

発信側の努力も大切だけど
受信側の姿勢も大切。
コミュニケーションってむずかしい、最近特に感じます。

言うべきことを言わない人
丁寧に説明されても聞かない人

かんたんなようで難しいことなのでしょうか
お互い相手をみなければ
一緒にいても 何も伝わらない

伝えたいという気持ち、理解したいという気持ち
お互いが心がければ良いように思うのだけれど。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007/01/20

今年の目標

今さらですが・・・
2007年の目標を考えていました。
ここ数年、モチベーションが低かったのか、勉強しようと本だけ買っても勉強していなかった、ということが数件あります。
今年はそれをムダにせず、勉強してスキルアップしようと思います。
年間計画を立て、がんばるつもりです。やるぞ~!

あまりテレビを見ないのですが、今月から始まった篠原涼子主演のドラマ「ハケンの品格」見ています。
ドラマだからあれこれ突っ込むところはあります。
都会は意地悪な人がたくさんだろうかとか(イナカでも十分意地悪な人はいるし、ひがみ根性がスゴイ人もたくさんいますが)、こんなことしてるヒマあったら仕事しろよ、とか、東海林(大泉洋)は「仕事はできるが派遣に冷たい」という設定らしいけどこれは仕事できるって言わないよなぁ、とか、ホチキス対決やるのも馬鹿馬鹿しいけどホチキスの性能に差があるのはハンデだよな、それで勝負して恥ずかしくないのか?とか思います。
でも・・・自給3,000円以上のスーパー派遣・・・実際あり得るのかどうかわかりませんが、そういう人材になりたいなぁ。
わたしは、実際は月給制の社員として働いているので、「コストパフォーマンスの良い社員」を目指しています。
がんばろう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007/01/06

最近のこころがけ

2006年はほとんど、頭の中がモヤモヤしたまま過ごしていました。反省。
年末から手帳を替えたので、このモヤモヤをスッキリさせるために活用しています。
見開き一ページが一週間で、毎日のスケジュールのほか「ToDo」欄があります。そして毎週の「ToDo」欄、メモ欄。
忙しくても、ひとり打ち合わせの時間をちょっと作り(始業前の5分・10分など)、やるべきことを洗い出し、それぞれいつまでに終わらせるかを設定したり、順序をつけたりしたおかげで、なんとか年末も乗り切れました。
それまでは、これらのことを頭の中でだけやっていたので、そりゃ頭もゴチャゴチャするよな・・・と今更ながら思います。

このほか、余白に、気づいたこと、思いついたこと、心に残った言葉や発言などを書き留めるようにしてみました。
それが案外、おもしろい!
数ヶ月を振り返って見てもおもしろいので、ずーっと続けたら楽しいと思います。

友達の発言
「日本人がお月見をしないで、何がハロウィンだ」
(この友達は英語文化が好きな人なのですが、それでも、日本人としてそう感じるようです)

自分で思ったこと
「だから、どうする」
(不満ばかりが心に浮かび、愚痴を言ってばかりの自分に気づきました。でもそれじゃ何の解決にもならない。不満な気持ちに立ち止まらず、「だから、どうするのか」を考えるべきだなぁと思い。)

「流れを止めず、巡りよく」
(何ごとも、流れを止めず澱ませず・・・)

「できることは前倒しでやる」
(あとでもできるから、と後回しにすると、結局後からやる時間が取れなかったりする。
前倒しでやっても、トラブルは起きる時は起きる。早めにやってて良かった!と思うこと、多々あり。)

「自分のところで仕事を停めない」
(複数の人間が関わる仕事の、流れが悪くなる原因にはなりたくない)

| | コメント (2) | トラックバック (0)