« 新潮文庫の100冊 | トップページ | 強い地震がありました »

2008/07/22

新潮文庫 夏の100冊 その2

新潮文庫の100冊フェア。
2冊買えば必ずもらえるエコバッグが欲しいという話を先日書きました。
100冊の中の読みたい本は既に持っているものが多く、ちょっと困りましたが、4冊購入。
きみの友だち/重松清
西の魔女が死んだ/梨木 香歩
脳のからくり/竹内 薫, 茂木 健一郎
診療室にきた赤ずきん/大平 健

「西の魔女が死んだ」と「きみの友だち」は読了。
どちらもとても良い話で、涙が出てしまいました。
良い本に出会えて心がスッキリした気がします。

わたしは怖がりなので、昔から、刑事ドラマでさえハラハラしてろくに見られませんでした。
そういうわけで、怖い本、ハラハラする本も苦手。
そして最近は、嫌な事件の起こる小説を読むと、暗い気持ちになってテンションが下がるので、「しまった・・・」と後悔してしまうほどでした。
ノンフィクションはしょうがないけど、小説の世界くらい、あまり嫌な人と会いたくないし、できれば嫌な事も起きてほしくないのです。

そんな中、この「西の魔女が死んだ」「きみの友だち」は爽やかな読後感でした。
両方映画化されるようなので楽しみです。

エコバッグプレゼントには早速応募しました。
応募後、発送されるまでは時間がかかるようですが、気長に楽しみに待つことにします。

|

« 新潮文庫の100冊 | トップページ | 強い地震がありました »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/44109/41831206

この記事へのトラックバック一覧です: 新潮文庫 夏の100冊 その2:

« 新潮文庫の100冊 | トップページ | 強い地震がありました »