« 2008年6月 | トップページ | 2008年8月 »

2008年7月

2008/07/24

強い地震がありました

今日深夜0時26分、岩手県沿岸北部を震源とする強い地震がありました。
被害が多かった地域もあるようですが、我が家も職場も大丈夫でした。
心配して下さった方々、メールや電話、お言葉をいただきまして本当にありがとうございました。

我が身は大丈夫でしたが、落ち着くと、八戸三社大祭を間近にして盛んに山車製作中の各山車小屋のことが心配になりました。大丈夫でしょうか。
地震で作業が遅れてしまったかとも思いますが、お祭りまで約一週間、安全第一で、慌てず気をつけて製作をしてほしいと思っています。

地震があったときは熟睡していたのですが、あまりの揺れに目を覚ましました。
強い揺れ、「ガチャーン!!」と何かが割れる音。
弱まってからも長く揺れて、しばらく怖い思いをしていました。
夫が飛び起きて(わたしより寝覚めが良いため)明かりを点けたり、寝たままでいるわたしをかばってくれたりして、少し頼もしかったです。
二人で家の様子を見回りましたが、幸い被害はほとんど無く、スープカップが3つ割れただけでした。
さっさとベッドに戻ったら夫は階下でいろいろやってる様子。
後で聞いたら、もし断水になったときのために鍋という鍋に水を溜めていたとのこと。
・・・防災知識が無くってごめんなさいね~
助かりました。

それからなかなか寝付けず、寝不足(夜中に会社に出て被害確認をした人たちほどではありませんが)で会社へ。
今日は青森出張の予定だったのです。
電車で行くはずが、JRに遅れや運休が出ていそうだったので、急きょ、車で移動しました。
往復4時間(プラス通勤1時間半)の運転。
寝不足には少し、つらかったです。
しかも、青森に近づいたときに線路脇の道を走っていたら特急に追い越され・・・
動いてるじゃん!JR!!

青森県内では、奥入瀬渓流の国道102号線・遊歩道で、落石の影響で一部通行止めになっているようです。
八戸三社大祭や青森ねぶた、弘前ねぷたなどが近づいて夏の観光シーズンですが、この影響で宿泊キャンセルが出ているとか。
でも、余震もあまり無く、お祭りの観光には影響ないのでは?と思われます。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2008/07/22

新潮文庫 夏の100冊 その2

新潮文庫の100冊フェア。
2冊買えば必ずもらえるエコバッグが欲しいという話を先日書きました。
100冊の中の読みたい本は既に持っているものが多く、ちょっと困りましたが、4冊購入。
きみの友だち/重松清
西の魔女が死んだ/梨木 香歩
脳のからくり/竹内 薫, 茂木 健一郎
診療室にきた赤ずきん/大平 健

「西の魔女が死んだ」と「きみの友だち」は読了。
どちらもとても良い話で、涙が出てしまいました。
良い本に出会えて心がスッキリした気がします。

わたしは怖がりなので、昔から、刑事ドラマでさえハラハラしてろくに見られませんでした。
そういうわけで、怖い本、ハラハラする本も苦手。
そして最近は、嫌な事件の起こる小説を読むと、暗い気持ちになってテンションが下がるので、「しまった・・・」と後悔してしまうほどでした。
ノンフィクションはしょうがないけど、小説の世界くらい、あまり嫌な人と会いたくないし、できれば嫌な事も起きてほしくないのです。

そんな中、この「西の魔女が死んだ」「きみの友だち」は爽やかな読後感でした。
両方映画化されるようなので楽しみです。

エコバッグプレゼントには早速応募しました。
応募後、発送されるまでは時間がかかるようですが、気長に楽しみに待つことにします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008/07/02

新潮文庫の100冊

夏になると、各社の文庫フェアが始まります。
新潮文庫の100冊フェアも始まったようで、昨日寄った本屋さんでは陳列準備をしていました。
2冊読むと必ずもらえる Yonda?くんのエコバッグがとても可愛いです。
Yonda?くんを描いているイラストレーターの100%Orangeさんも好きだし、大好きなクローバーの葉も描かれているエコバッグ、是非欲しいです!
でも・・・100冊の中での読みたい本は既に持っているのが多いんですよね・・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2008年6月 | トップページ | 2008年8月 »