« 雑誌の整理 | トップページ | 扁桃腺が腫れたらしく »

2008/05/18

単純な落ち込み

ある日、夫がキンキ(キチジ。魚)をもらってきて開いてくれました。
「から揚げにしてくれ」と言うので、塩を振り、片栗粉をつけて、二度揚げしました。
結構な量だったので、揚げ終わった時にはグッタリ。
それなのに、揚げ方が悪かったのか何なのか、上手に出来ませんでした。
居酒屋メニューにある、頭も骨も食べられて香ばしい、おいしいから揚げをイメージしてたのに、骨がゴツゴツと残って、カラッと揚がってもいないものが出来上がりました。
その日の夕食は、キンキのから揚げと、ルッコラやレタスのサラダ、オニオンスライス。
夫は「おいしいよ、骨まで食べられるよ」とバリバリと食べていました。(夫の「おいしいもの」の基準は低いので、普段はそれに助けられているのですが)
「おいしくない・・・上手に出来なかったね、このから揚げ・・・・・・・・」と低いテンションで食べるわたしを見て、夫はかわいそうに思ったらしく、アイスクリームを買ってくれました。
だってね、その日は金曜日だったのです。
「一週間お疲れ様」という打ち上げ気分で(夫は土曜日も仕事なので、わたしだけですが)おいしいもの食べたいじゃないですか。それなのにあのから揚げ・・・

しかし自分が、おいしいものを作れなかった・食べられなかったということだけでこんなに落ち込むのか、と新たな発見でした。
本当に、すごくガックリきたのです。

|

« 雑誌の整理 | トップページ | 扁桃腺が腫れたらしく »

コメント

優しい旦那さんですね。って、オレも知ってる人なんだよね。。
キチジって、仙台では笹かまぼこの原料として使用されている高級魚ですね。
調理が難しかったのでしょうか?
腕自慢のごまちゃんでも失敗する事はあるのですね。

投稿: 青大将 | 2008/05/28 00:27

ネットで作り方を調べても見つからず、人に聞いても「作ったこと無い」という返事ばかりで情報が足りなかったのです。
いつもは作り方を調べてから作って自分のものにする感じですからね~。骨付き魚を揚げたことなんて、なかったもので。
初めては失敗だってしますよね。でも、この失敗をどう活かしていいのかが、まだわかりません。解決策が見つかったら再挑戦の予定。

投稿: ごま | 2008/05/28 09:59

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/44109/41243291

この記事へのトラックバック一覧です: 単純な落ち込み:

« 雑誌の整理 | トップページ | 扁桃腺が腫れたらしく »