« 2008年4月 | トップページ | 2008年6月 »

2008年5月

2008/05/28

扁桃腺 化膿?

病院に行き、点滴打ってもらってきました。

診察を受け、「どうですか?」「熱はだいぶ下がって調子良くなりました」「じゃぁ、喉を見せてくださいね」「あ゛~~~~~」
先生が喉を見た途端に
「はい、明日も点滴ですね。喉、まだすごく白いもんね」

え???白い?赤くなってるんじゃなくて?という疑問がわきましたが、その後点滴(今日は抗生物質だけ2本)して帰ってきました。
家に帰ってから、喉が白いって、どういうことだい?と思って、自分でも分かるのかな、きっと分からないだろうなあと鏡で喉の奥を見ると、ぎょえ~~~、なんだこりゃ!!とびっくりすることになっていました。
喉の両脇が化膿しているようで、白くなっているのです。たいへんショックです。

体温も戻ったし、元気になってきたと思っていたけど、これを見てしまい、ガクーンと気持ちが沈みこみました。
しかし、あまりひどい痛みとか感じないんですよね。鈍感ってことでしょうか。
思えば先週からなんとなく調子が悪かったような気もします。
こんなにひどくなる前に気づいて、もっと自分をいたわっていれば良かった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

扁桃腺が腫れたらしく

月曜の朝、起きたらなんだか喉が痛かった。そして少しだるい感じ。
月曜ブルーもあるのかな?と、起きて、会社に向かう途中もなんだか寒気が。
引き返して帰りたい思いを抱きつつ会社に着き、急ぎの仕事をとりあえず済ませたけど寒気は強くなる一方。
関節も痛み出し、ついに早退して病院に行きました。
そこで計ったら熱は38.6度。
薬を処方されただけで帰り、とりあえずちょっと食べて、薬を飲んで寝ると、夜には少し熱が下がって楽になりました。
ところが、夜中に再び熱が上昇し、朝起きると39度超え。
会社に電話して休みを取り、病院に予約を入れて(ここは予約が必要なのですが、前日は急いで病院にいきたかったので別なところにしたのです)行きました。
なんだか少しラクな気がする、熱、下がってるのかな?と思ったけど病院で計ったら驚きの40度でした。クラクラ。
前日の処方箋を見せて診察を受け、
「扁桃腺腫れてますね、だいぶ炎症がひどいです」
「抗生物質も処方されてますが、この飲み薬をやめて、点滴の方が効き目が早いと思うので点滴して行きましょう」
と、点滴3本受けて帰ってきました。
熱は徐々に下がってきて、だいぶラクになりました。
2~3日休んで点滴した方が良いと言われたので、今日も大事をとって休んでいます。
しかし夜眠れなくなると困るので、明日の社会復帰に備え、日中は眠らないようにしようと思います。

久しぶりの高熱でした。熱が下がってきたら生まれ変わったような感覚です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008/05/18

単純な落ち込み

ある日、夫がキンキ(キチジ。魚)をもらってきて開いてくれました。
「から揚げにしてくれ」と言うので、塩を振り、片栗粉をつけて、二度揚げしました。
結構な量だったので、揚げ終わった時にはグッタリ。
それなのに、揚げ方が悪かったのか何なのか、上手に出来ませんでした。
居酒屋メニューにある、頭も骨も食べられて香ばしい、おいしいから揚げをイメージしてたのに、骨がゴツゴツと残って、カラッと揚がってもいないものが出来上がりました。
その日の夕食は、キンキのから揚げと、ルッコラやレタスのサラダ、オニオンスライス。
夫は「おいしいよ、骨まで食べられるよ」とバリバリと食べていました。(夫の「おいしいもの」の基準は低いので、普段はそれに助けられているのですが)
「おいしくない・・・上手に出来なかったね、このから揚げ・・・・・・・・」と低いテンションで食べるわたしを見て、夫はかわいそうに思ったらしく、アイスクリームを買ってくれました。
だってね、その日は金曜日だったのです。
「一週間お疲れ様」という打ち上げ気分で(夫は土曜日も仕事なので、わたしだけですが)おいしいもの食べたいじゃないですか。それなのにあのから揚げ・・・

しかし自分が、おいしいものを作れなかった・食べられなかったということだけでこんなに落ち込むのか、と新たな発見でした。
本当に、すごくガックリきたのです。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008/05/11

雑誌の整理

200805111
とても珍しく気が向いたので、溜まっていた雑誌の整理をしました。
写真は、要るページを破りとって、ジャンル別に分けたところです。
とりあえず、クリアファイルに挟んで付箋で見出しをつけました。

要らなくなった雑誌が山積みになりました。
スッキリ!
(このほかにも、まだ手をつけていない雑誌が3~4年分溜まっています。そちらはまた別の機会に。)

ジャンル別に名前をつけてみたら、自分の興味のあることが浮き彫りになりました。(仕事のこと各種、デザインのヒント、キッチン、パン作り、などなど)
それもまたスッキリです。

分けたものを整理しようとファイルを買いに行ったら、近くの店には欲しいタイプがないことがわかり、帰ってきました。
この勢いでファイリングまでしちゃいたかったけど、遠くまで出かける気にもならないので、会社帰りに買うことにします。しかし、ここで間が開いてしまうと、このまましばらく手をつけない予感がします・・・
そして今は、燃え尽き感がおそってきています。本当に、珍しくがんばったものです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008/05/10

筆ペンとボールペン

アメリカ行きの前は準備に追われ、後はなんとなくボーっとしたりしてパソコンに向かうことも少なかったので、ブログの更新も滞っていましたが、ぼちぼちと書きたくなりました。

今年のわたしの目標は「やりたいことをやる」なわけですが、やりたいことができました。
それは筆文字の練習。
大人のマナーとして、熨斗袋や熨斗紙に綺麗に字を書きたいものだと思っておりまして。
しばらく前に筆ペン練習帳とかいう本を買ってはいたのですが、手もつけていませんでした。
最近、ニンテンドーDSの筆文字練習ソフトが売れているというのを知り、どうしても欲しくなって買ってしまいました、本体とソフト「DS美文字トレーニング

200805101

開いたDSを縦に置いて使います。
左の画面にお手本、それを見ながら右の画面に丁寧に書きます。
200805102
一文字ずつ添削してもらえます。
ポイント別に指導されるのですが、同じことを何度も言われたりもします。
毎日少しずつトレーニングできるので、気長にやり続けて字をうまく書けるようになりたいと思います。

“書く”つながりで・・・
200805103
高校生の頃から愛用しているドクターグリップ。
大学受験のときにはシャープペンシルに大変お世話になりました。
社会人になってからはボールペンを愛用しているのですが、ずっと前にインクが切れてしまってそのままになっていました。
本屋さんの文房具コーナーを見ていたら替え芯コーナーがあり、思い出して見てみたらそれらしき芯を発見したので購入。
替えてみるとぴったり、何ヶ月かぶりにお気に入りのペンが使えるようになりました。やはり書き心地ばつぐんです。
再び本屋さんに行き、替え芯2本を買い足しました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2008年4月 | トップページ | 2008年6月 »