« 2007年12月 | トップページ | 2008年2月 »

2008年1月

2008/01/19

かばんの中身

皆さんの「かばんの中身」をのぞき見したくて、そういう記事が載っている雑誌を見つけると、つい買ったりしてしまいます。 (「のぞき見したい」と言ってももちろん、現実に勝手に人のかばんを見たりはしませんよ。そういうスリルを求めているんではないです。)

今回初めて、自分のかばんの中身を撮ってみました。
恥ずかしながら公開。

200801191
■かばん
■手帳(B5サイズ・バーチカル 中には付箋紙各種・三色ペン)
■読みかけの本(さっき届いたku:nelを並べてみました)
■iPod
■名刺入れ
■お守り(後厄なので・・・)
■ミニアルバム(お祭りに参加したときの写真。宝物です。)
■貼るカイロ(北国なので)
■ポーチ(脂とり紙・ファンデーション・リップ2本・鎮痛剤・目薬・ピン・トローチ・ガム)
■財布(大きい方は家計用・小さいほうは自分用)
■携帯電話
■鍵たくさん(家の鍵・車の鍵・キーレス・エンジンスターターなど)←これが重いんです。

これにデジカメ(LUMIX)が入ります。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

話す力・聞く力

発信側の努力も大切だけど
受信側の姿勢も大切。
コミュニケーションってむずかしい、最近特に感じます。

言うべきことを言わない人
丁寧に説明されても聞かない人

かんたんなようで難しいことなのでしょうか
お互い相手をみなければ
一緒にいても 何も伝わらない

伝えたいという気持ち、理解したいという気持ち
お互いが心がければ良いように思うのだけれど。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

フードプロセッサー第二弾・タラのすり身

先日購入したフードプロセッサーで、二回目の挑戦。
それは、タラのすり身を作ること。
市場からタラの切り身を買ってきて、皮と骨を取り、フードプロセッサーにかけました。
すり身っぽくなってきたところに塩・酒・みりん・砂糖・卵白を入れ、再び回すと粘り気が出てきました。
最後に片栗粉を入れて回し、すり身の出来上がり。
これを揚げてさつま揚げを少し作ってみました。
味見をすると、なんか物足りない・・・市販のさつま揚げはかなり甘いので、物足りなく感じたのでした。

200801192
このすり身を使って、鍋にしました。
白菜を敷き、水少量を加えて蒸し煮していたところに、小さく揚げて作ったさつま揚げボール・すり身団子・しめじ・ねぎを載せてまた蒸し煮しました。
大根おろしとぽん酢でいただきました。
さつま揚げボールより、すり身団子の方が夫には好評でした。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2008/01/17

フードプロセッサーを買いました

200801171
念願のフードプロセッサーを購入しました。
TESCOM フードプロセッサー TK410-W ホワイトです。
お手頃価格で、すっきりとしたデザインが気に入って買いました。

長い間、クイジナートに憧れていたのですが、高価なのと、どの大きさを買うかで非常に悩んだのでやめました。
クイジナートが欲しかった理由は、パンをこねるためにも使えるからでした。
でも、以前購入したBraun マルチミックス M880 でパンをこねているため、当面は買わないことにしました。
マルチミックスもフードプロセッサー的使い方はできて、少量のものを刻んだりするのには十分です。
でも、魚のすり身やひき肉、パイ生地などを簡単に作りたくなり、今回の購入に至りました。
どんどん使いこなして、美味しいものが作れるようになりたいです♪

第一号は、イカをすり身にして作った、さつま揚げ的なもの。
割と美味しく出来たのですが、皮付きのまますり身にしたら、見た目がイマイチでございました。なので、写真はナシです。
今度は皮をむいてやってみることにします。(面倒ですが(^_^;))
また、卵白を入れすぎたようで、ちょっと柔らかすぎて油を吸いすぎました。
反省を活かし、今度は美味しく作ろうと思います。
(しかしふと考えてみると、こんな色んな挑戦に付き合ってくれる夫や、たまにおすそ分けする母にはちょっと災難かも。)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008/01/06

国産レモンでレモンサブレ

国産レモンを売っていたので、“何度でも食べたい、ずっと作り続けたい”まいにちの焼き菓子と特別な日のケーキ/稲田多佳子著のレシピでレモンサブレを作りました。
200801063
お菓子の空き缶に入れて、友達へのお土産に。
レモンは、レモン色じゃなくてオレンジ色でした。
そのせいか、作っているときから、レモンの香りというよりは違う柑橘類の香りがするなぁと思っていましたが、「柚子みたいな風味」と評されました。
かねてから、国産のレモンがあれば皮を使ったお菓子を作りたいと思っていたので、作ることができて満足です。
久しぶりにお菓子を焼きました。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

初・天然酵母パン 「ブール」に挑戦

ずっと前に買ったものの、開封せずにしまいこんでいた「ホシノ天然酵母」
いつか挑戦しようと思っていたので、2008年になったことだし、重い腰を上げて種おこししました。
参考にしたのは天然酵母のおいしいパン/平野 由希子著
最初に載っている「ブール」を作りました。
粉と生種、塩、水だけのシンプルな配合。
200801064
焼き上がりは、こんな感じです。
(クープを綺麗に入れるための道具を揃えなくては)
天然酵母を使ったパン自体、あまり食べたことがないので、ほかの天然酵母パンと比べてはよくわかりませんが、普段ドライイーストを使って作っているパンよりは複雑な味わいがありました。
ちょうど、パン好きの友達と会う約束をしていたので、お土産にしました。
ただ、焼き上がりを一切れ味見させた夫が
「焼いた餅に醤油をつけた味がする」
なんていうことを言ったため、テンションががっくり下がりました。
・・・どうなんだろう。わたしはそうは思わないけど。

少ないドライイーストを使ってじっくり発酵させるパンにも興味があります。
こないだ、小さじ2分の1や4分の1を量れる計量スプーンも買ったことだし、今年はいろいろ焼いてみようと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

せんべい汁に挑戦

今まで、「ちゃんと」作ったことがなかったせんべい汁を作りました。
スーパーで鶏がらを見ていたら、珍しく比内鶏の鶏がらがあったので購入。298円でした♪
シャモロックでも良いと思います。
煮干だしだったり、塩味だったり味噌味だったり、肉じゃなくて魚が入ったりと、いろいろなバリエーションのあるせんべい汁ですが、今回は鶏がらだし・醤油味のせんべい汁です。
醤油味でお肉が入っているのがわたしの「ベーシック」せんべい汁です。
最近は食堂や居酒屋でもせんべい汁を出すところが多くなっています。
メニューに何種類もせんべい汁が載っているお店もあるようですよ。
コチュジャンが入ったピリ辛味噌味、なんていうのもありました。
味によってせんべいの煮える早さが違うようです。塩や醤油は早くて、味噌味だと遅いとか。

200801062

【今回の作り方】
1.鶏がらは一旦茹でこぼし、流水できれいに洗った後、水と一緒に鍋に入れ、アクをとりながら煮て出汁をとる。
2.1とは別の大きい鍋に、ささがきにした牛蒡と人参とひたひたの水を入れ、火にかける。
3.2の鍋に出汁を入れ、煮立てたら具の鶏肉を入れて、火が通ったら醤油で味付けし、他の具(糸こん、きのこ色々、こうや豆腐など)を入れて煮る。
4.食べる直前にかやき煎餅を割り入れ、好みの固さに煮る。仕上げにねぎの薄切りを入れてひと煮する。

※白せんべいを使ってさっと煮る方法もあるようですが、やはりベーシックはかやき煎餅。
最近脚光を浴びているせんべい汁、テレビで紹介されることも増えてきました。
全国版のテレビでせんべい汁を紹介するときに白せんべいの「略式版」を紹介されると悔しくなってしまいます。
知らない人には「ベーシック版」を伝えなくては!!!と強く思います。
白せんべいは、すぐに煮溶けてしまいます。
わたしは、かやき煎餅を柔らかめに煮るのが好き。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008年の目標

遅くなりましたが、新年明けましておめでとうございます。
2008年の目標を立てました。
「自分の好奇心に素直になって、やりたいことをみつけて、やること」
です。
大人になって、「やりたいこと」よりも「やらなくてはいけないこと」を優先的にやる癖がつき、それはそれで良いことなのですが、自分の「やりたい」気持ちに鈍感になっているのではないかと恐れています。
今年は、というかこれからは、小さなことでも「やりたい」と思ったらできるだけ実行しよう、そして楽しもうと思っています。
「やりたい」気持ちに敏感になれるように、今年は意識していこうと思います。

そしてさっそく。
「オレンジページ」に作り方が載っていたアクリルたわしが可愛かったので、挑戦しました。
200801061
かぎ針編みは今まで敬遠していたのですが、かじってみようと思いまして。
ちょうど編み物したい欲も高まっていたので、初売りで毛糸と針を買ってきて、作りました。
網目の詰まった「ごしごしたわし」と方眼編みの「デイリーたわし」の二種類。
まだ洗い物には使っていませんが、楽しみです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2007年12月 | トップページ | 2008年2月 »