« 無印良品の「自分でつくるチーズパン」 | トップページ | 平野由希子のベストパスタ101 »

2007/03/21

読んだ本 すーちゃん:益田ミリ著

益田ミリさんの本との出会いは、偶然、文庫の新刊コーナーで「OLはえらい」というマンガを見つけたのがきっかけでした。
これは、以前にブログでも書きましたが、とっても好きな本になりました。
そして、益田ミリさんの書いた本を少しずつ集めたり、WEBに書いているものを読んだりもするようになりました。
わたしも毎号読んでいる日経WOMANにも、益田さんのイラスト付き川柳のコーナーがあります。
益田さんはイラストレーターですが、OLの経験もあるようで、「わかってくれてる」感じがします。勝手に思っているだけですが。
「OLはえらい」では、なぜかロバのOL、ロバ山ロバ子さんが主人公。
一年を通して日常の些細なことで怒ったり悩んだりするロバ山さんの様子が、他人とは思えません。
そして、小さいことで怒ったり悩んだりしている自分のことも「これでいいんだよね」って思える本です。
200703214
最近読んだ「すーちゃん」は、カフェで働くすーちゃん(人間)が主人公のマンガです。
すーちゃん(益田ミリ著・幻冬舎刊・税別1,200円)すーちゃんと、友達のまいちゃん、今のわたしと同じくらいの年代。
それぞれ、仕事のことや恋愛のことなどで悩みながら生きています。
すーちゃんが思うように、わたしも、「もっとこうなりたい」っていうのはもちろんあるけれど、今の自分自身も肯定して生きていきたいなぁと思います。

|

« 無印良品の「自分でつくるチーズパン」 | トップページ | 平野由希子のベストパスタ101 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/44109/14337027

この記事へのトラックバック一覧です: 読んだ本 すーちゃん:益田ミリ著:

« 無印良品の「自分でつくるチーズパン」 | トップページ | 平野由希子のベストパスタ101 »