« 2006年10月 | トップページ | 2006年12月 »

2006年11月

2006/11/19

おいしい味噌汁

ささやかな幸せ。
お味噌汁がおいしくできました。
なんでだろう、煮干をたっぷりめに入れたからかな?
だしがよく出ていて、お味噌は控えめで、とてもおいしかった。夫も絶賛。
具は、カブの葉としめじでした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

森のイスキアに行って来ました

200611193
弘前市にある、森のイスキアに行って来ました。
佐藤初女さんのことを知ったのは、ku:nel7号の『佐藤初女の台所にて お米が息をできるように 野菜がいたくないように』という記事を読んだのがきっかけでした。
そして、活動を少しずつ知り、著書を読み、『地球交響曲 第二番』というドキュメンタリー映画に初女さんも出演しているということを知り、その映画を観てみたい、できれば初女さんにもお会いしてみたい、と思う気持ちがつのりました。
そして今回、森のイスキア訪問の企画があるのを知り、母と一緒に申し込んで行って来ました。
偶然にもその少し前に『地球交響曲 第二番』の上映もあったので、森のイスキア訪問の前に観ることができました。(今から10年ほど前の初女さんの姿がそこにあります)
200611194
森のイスキアでは、初女さんの、心のこもったおむすびやお料理をいただき、お話を聴きました。
わたしたちが帰るとき、鐘を鳴らしてくださいました。
涙がじわりと出てきました。
後から聴くと、母も「あの鐘の音は心にしみたね」と言っていました。

食べ物は、体を、心を作ります。
食材をただのモノとして見ずに丁寧に料理する、いただくときもその食材のいのちをいただく、という考えをすることは深く深く共感します。

帰ってきてから再びku:nelを読み返して気づいたのですが、この記事を書いたのは高山なおみさんでした。
高山なおみさんのことは割と最近好きになり、本を読んでいます。
ちょうど読んでいる途中だった「日々ごはん 4」には、そのときの取材のことが書いてありました。
つながっているなぁ、と思った次第。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

うれしいお煮しめ

ある日、職場で。
昼、他部署の前を通ったら、やけに大きい鍋を火にかけているのが見えました。
なんだろうと思っていたら、お得意先の方がお煮しめを作って持ってきてくださったとの事。
200611192
わたしもいただいてしまいました。
だしがじんわりとしみてやさしい味、心も体もほっこりうれしいお昼休みでした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

軽トラに犬が三匹も

200611191_1
ある日の朝、目撃。
軽トラの荷台に犬が三匹も乗ってました!

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2006/11/12

初☆りんごのコンフィチュール

200611121
今日も作りました、丸パン。
今回は発酵時間をきちんととって(早めに切り上げてしまうこともあったので)、焼成の温度を高めにしてみました。
まだ、こんがりした焼き目が物足りない感じですが、焼き時間を長くすると中が乾燥してしまいそうです。
研究をつづけることにします。
というか、何度焼いてもそのたびに違うものができるのでしょう。それが愉しみです。
そして、紅玉で初めてりんごのコンフィチュールを作りました。
パンのおとも。
200611122
いがらしろみさんの本を見て、初めてなので分量など基本のレシピに忠実に作りました。
マルチミックスの、フードカッターのアタッチメントを使って粗みじん切りにしました。
マルチミックス買って良かったな~♪
りんごのコンフィチュール、ちょっと甘めだけど紅玉の酸味があっておいしい。
応用レシピもあるので、作ってみようと思います。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

初雪

寒いと思ってたら、夜になって雪が降っています。
夫が朝早くからタイヤ交換をしてくれました。
よかった。
出しそびれてた寝室のヒーターも出し、給油しました。
冬だなぁ・・・

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2006/11/09

師走はまだなのに

師走はまだなのに、大忙し。職場では、走り回っています。
今週は少しマシだけど、先週は特に辛かったなぁ・・・過ぎてみるとあまり思い出さないのだけれど。
今日、別の部署に届け物があって走ってたら、現場の女性たちが数名、持ち場交代の時間のようで、走ってました。
そのときひとりの女性が、息を切らしながら、一緒に走ってた人に
「もうちょっとゆっくり歩こうよ」
と言いました。
その人たちは、きっと今日はすごく忙しいはず。
移動のときくらい、ほんの少しゆっくりしたいと思ったみたいで、ほほえましかった。
わたしは近くにいたので、
「ゆっくり歩いて、ちょっとひと息、区切ったほうがいいですねぇ」と言い、お互いに、にっこり。
忙しい中で、心があたたかくなった瞬間でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/11/05

カフェ森風に行って来ました

200611041
葛巻にある『カフェ森風』に行って来ました。
岩手子ども環境研究所のホームページはこちら
廃校を活用して作られた『森と風のがっこう』があり、このカフェは教員住宅だった建物を皆さんでリフォームしたようです。
木の切れ端やタイルのかけら、色とりどりのびんなどが使われたかわいらしい建物。
冬のあいだはお休みしている、期間限定・週末限定のカフェです。
最初行ったときは道に迷いながら地図を見てたどり着き、突然現れた空間がとても素敵で驚きました。
大好きな場所ですが、八戸からは車で2時間ほどかかるので、しょっちゅうは行けません。
今年は先々週やっと行けたのですが、お店の方がわたしのことを覚えていてくださって、とても嬉しかったです。
それから三週連続で通い、今週で今年の営業が終了とのことだったので、パンを焼いてお友達と一緒に遊びに行きました。
200611043
最近よく焼く丸パン。
おみやげに持っていったのに、わたしたちにも出してくださいました。
さるなしのジャムとバターを添えて。
おだやかな陽の光が差し込み、幸せなパンの光景になりました。

200611044
さるなしのジャムをつけて。
このパンはバターの入らないシンプルな生地なので、ジャムのおいしさがよく味わえました。
ジャム、見た目もキウイっぽいですし、甘酸っぱい味も然り。
地上10メートルほどのところになっている実をとってきたとのことです。

飼っているにわとりが産んだ卵を使ったシフォンケーキ(さるなしのジャムとホイップクリーム添え)とコーヒーのセットをいただきました。
以前にここで会った方もいらして、少し話したり、和やかに過ごしました。
200611042
窓の外には、道路の向こうに汽車の車両の『図書室』
そして、牛たち。

岩手子ども環境研究所のホームページには、このカフェができるまでの様子が載っています。
わたしは何かで「古い学校を活用したカフェができます」というのを偶然見て、なんだか楽しそう、と、楽しみにしていました。
それからしばらくして、出来上がって営業しているというのを知り、行ってみたのが出会いです。
とても素敵で大好きな空間ですが、このホームページのできるまでの様子を見ると、できることがあったかどうかわからないけれど、何かお手伝いしたかったな~と思います。

200611045
お昼過ぎに行ったのに、とても心地よく過ごしたので夕方まで長居をしてしまいました。
暖炉に薪をくべたり炎を見つめたりしていると、時間を忘れます。
お店を出るときには、心の中があたたかく満たされているのを感じました。
また来年、行くのがとても楽しみです。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

« 2006年10月 | トップページ | 2006年12月 »