« 岩手大学農学部 | トップページ | 明治のふんわり抹茶ラテ »

2006/03/05

盛岡市材木町

学校をあとにして、次の目的地へ移動しつつ、材木町を通りました。
20060303zaimoku1
以前「よ市」について少し記事を書きました。
「よ市」は、春から秋の土曜日の夕方に材木町で行われる市です。
ふだんはちょっと静かな商店街。
石畳風の、ちょっと曲がった道路が通っています。
ここにある「光原社」の「可否館」でコーヒーを飲みました。
「光原社」は、宮沢賢治の「注文の多い料理店」発行の会社。
民芸品を売っています。
脇を入っていくと、不思議な空間。
ひとつの街の様な感じです。
「可否館」で、くるみクッキーとカフェオレをいただきました。

|

« 岩手大学農学部 | トップページ | 明治のふんわり抹茶ラテ »

コメント

材木町ですね♪懐かしい♪
私も光原社に行って、
コーヒーとくるみクッキーを
いただいたことがあります。

とてもレトロな雰囲気が素敵ですよね♪

宮沢賢治ファンにはたまらないです。

投稿: ともえ | 2006/03/08 18:26

ともえさんも光原社に行ったことがあるのですね♪
ほんとに、レトロな雰囲気が素敵です。
宮沢賢治の本を、あまり読んだことがないのですが、最近何か読んでみたいなと思っています。

投稿: ごま | 2006/03/08 19:30

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/44109/8950326

この記事へのトラックバック一覧です: 盛岡市材木町:

« 岩手大学農学部 | トップページ | 明治のふんわり抹茶ラテ »