« 新年あれこれ | トップページ | お土産いただきました ごまひとひら »

2006/01/09

アンサンブルコンテストでした

昨日はアンサンブルコンテストの県大会があり、雪の影響でJRが止まったり遅れたりしている中、青森市まで行ってきました。
20060109-1
これは出場者用ワッペン(紙製)。
いつの頃からか知りませんが、最近は吹奏楽コンクールやアンサンブルコンテストの(地区大会や県大会だけ?)出場者用の目印がワッペンになっています。
昔は、安全ピンがついたリボンを衣装の袖につける方法でした。
針で穴があくため不評なのか、今はワッペンです。
しかし、このワッペン、わたしの衣装がはがれやすい材質だからか、気づくと剥がれかけています。
気になって気になってしょうがない。
ちょっと浮いているのを見ては押さえ、を繰り返していたのですが、「なんでこんなワッペンのことばかり気にしなくちゃいけないのよ!」という気持ちが強くなってきてしまいました。
いっそのこと、持っていたスティックのりで貼っちゃおうかとも思ったけど、やめました。
もし気づかないうちに剥がれちゃって、係の人に「ワッペンはどうしたんですか?あなた本当に出場者?」と聞かれたら、「剥がれないように作ってください!!!」と逆ギレしてやるぅ~

演奏中は幸いワッペンのことなんて頭からなくなっちゃいましたけどね。
(もうステージにいるのだし、剥がれても失格ってことはないだろうと思い)

ところで結果は銀賞。
緊張しました~。
でも、録音を聴いて、緊張してても練習の成果は出せていたのではないかと思いました。
これが今のわたしたちの実力。悔い無し、です。

練習は本番のように、本番は練習のように

これは、高校の時の恩師のことば。

運命的にも、数年前に定年退職しているその恩師と、この大会に向かう電車で同じ車両に乗り合わせました。
降りるとき、
「もうチューニングは済んだ(これはジョーク)?がんばってきてね」
とことばをかけていただきました。

楽器を吹いていて知り合った人がたくさんいます。
大会や演奏会では、昔一緒にやっていたけど今は別に活動している人や、昔の仲間で聴きに来ている人たちに会ったりします。
今、わたしは、当然のことながら、楽器だけをやっているわけでなく、家のことやら仕事やらをやりながら楽器を吹いているので、その時その時で自分の中で優先順位をつけています。
必ずしも十分な練習時間がとれるわけではない・・・しょうがないけど苦しくもあることです。
それでも、知り合いに限らず、聴いてくれる人がいるので、その人たちに恥ずかしくない演奏をしたいものだと思います。
自分が一生懸命やったか、聴かせて恥ずかしくないものだったか。
うまさだけではなく、できることをやったか。

演奏だけじゃないですけどね・・・
恥ずかしくない生き方をしてきたか、
恩師に会い、そう自分に問いかけてみました。

母校のチームが、東北大会出場になりました。
最近、あまり活躍していないのかな、と思っていたので、これは嬉しいことです。
昨年度、一度、学校に遊びに行ったのを覚えててくれた子がいて、「○○せんぱい~、聴いてました、良かったですよ」なんて可愛く声をかけてくれました。
「代表おめでとう!東北大会がんばってきてね」と言ったら、すごくニコニコして「はい!!」って元気良く答えてくれました。
もうずっと歳が離れてるのに、名前を覚えてくれてて「○○先輩」なんて声をかけてもらうと、図々しくも高校生のときのような気持ちになっちゃいます。

|

« 新年あれこれ | トップページ | お土産いただきました ごまひとひら »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/44109/8077054

この記事へのトラックバック一覧です: アンサンブルコンテストでした:

« 新年あれこれ | トップページ | お土産いただきました ごまひとひら »