« まだ出会えない「王国その3 ひみつの花園」 | トップページ | 久しぶりの有休 »

2005/11/25

「愛され」についての他の見方

先日、最近よく目にする「愛され」という言葉がいやだという話を書きました。
それは、なぜそんなに媚びる必要があるのか、他人に媚びることが人生の目的か?と思っていたからです。

きのう読んだ雑誌の記事では「愛され」を肯定していました。
というのは、「他人に愛されたい」「嫌われたくない」というのは、
自分のことだけじゃなく、他人の目から見た自分をも気にする、ということなので、
今までの自己中心的な考え方から一歩進んでいるのでは?ということです。

なるほどね~

他人の目から見るように、一歩離れて冷静に自分を見たときにも良い自分でいたい
という気持ちはちょっとわかります。
良いようにとれば、そういうふうにも考えられますね。

でもいやだけど。「愛され」・・・

|

« まだ出会えない「王国その3 ひみつの花園」 | トップページ | 久しぶりの有休 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/44109/7319216

この記事へのトラックバック一覧です: 「愛され」についての他の見方:

« まだ出会えない「王国その3 ひみつの花園」 | トップページ | 久しぶりの有休 »