« 写真を撮ること | トップページ | 流れ星 »

2004/06/14

おやしらず

おやしらず しかも二箇所が痛み出し、それは先週の出張のときからだったのだけれど、観念して歯医者さんに行きました。
わたしのおやしらずは一本抜いて、後の三本は生えていなかったのですが、下のやつ二本は横向きに埋まっているということを知っていました。
いずれ取り除くことになるんだろうとは思っていました。
時折、一年に一度程度ですが隣の歯を押すように痛むし、歯茎には隙間がありそうで、見えない歯が虫歯になったりするのかも…と思っていたので。
それが両方痛み出し、というか片方は隣の歯を押すように痛み、片方は歯茎が腫れています。
どこの歯医者さんに行ったらいいかもわからず、だいぶ迷っていたのですが、ついに今日、行ってみました。
はじめて行く歯医者さんは、建物・スタッフ・お医者さん共に良い感じでした。

しかし…聞いただけで恐ろしい
両方抜いたほうが良いが、あごの神経の割と近くである
方法は、麻酔して歯茎を切開、一部分だけ見える歯を切っては取り、引っ張っては切り、を数回繰り返し、場合によっては骨を少々(!)削り取り、歯茎を縫って終わり
一時間~一時間半かかるでしょう、とのこと

それを二回も…
ずっとあごを開けているのはつらいし、なんか恐ろしいし。
そしてお金もかかるので余計にゆううつ。

|

« 写真を撮ること | トップページ | 流れ星 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/44109/6603602

この記事へのトラックバック一覧です: おやしらず:

« 写真を撮ること | トップページ | 流れ星 »