« 2004年5月 | トップページ | 2004年7月 »

2004年6月

2004/06/24

平日のお休み

今日は有休をとって、夫の運転でお友達と3人、出かけてきました。
弘前までドライブ、雑貨屋めぐりをして、青森にも寄ってお茶をして帰ってきました。
満喫満喫。
来週のオーケストラのコンサートのチケットも買ったし、楽しみ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004/06/16

流れ星

流れ星を見てしまいました!
何年ぶりだろう。
今日は吹奏楽の練習があって星のきれいな場所に行ったのです。
練習が終わって外にでて、星がいっぱい見えるな~と空を見ていたら、キラリ!
うれしいですね~。
願い事をする間もなかったのですが、なんて言いたかったかな?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004/06/14

おやしらず

おやしらず しかも二箇所が痛み出し、それは先週の出張のときからだったのだけれど、観念して歯医者さんに行きました。
わたしのおやしらずは一本抜いて、後の三本は生えていなかったのですが、下のやつ二本は横向きに埋まっているということを知っていました。
いずれ取り除くことになるんだろうとは思っていました。
時折、一年に一度程度ですが隣の歯を押すように痛むし、歯茎には隙間がありそうで、見えない歯が虫歯になったりするのかも…と思っていたので。
それが両方痛み出し、というか片方は隣の歯を押すように痛み、片方は歯茎が腫れています。
どこの歯医者さんに行ったらいいかもわからず、だいぶ迷っていたのですが、ついに今日、行ってみました。
はじめて行く歯医者さんは、建物・スタッフ・お医者さん共に良い感じでした。

しかし…聞いただけで恐ろしい
両方抜いたほうが良いが、あごの神経の割と近くである
方法は、麻酔して歯茎を切開、一部分だけ見える歯を切っては取り、引っ張っては切り、を数回繰り返し、場合によっては骨を少々(!)削り取り、歯茎を縫って終わり
一時間~一時間半かかるでしょう、とのこと

それを二回も…
ずっとあごを開けているのはつらいし、なんか恐ろしいし。
そしてお金もかかるので余計にゆううつ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004/06/12

写真を撮ること

フォトセラピーというものがあるらしいです。
自分が撮りたいものを撮ること、後で気に入った写真を見ることで、自分の心をリラックスさせる、といったことだった気がします。

ひとが撮った写真を見ると「なんてすてきなものなんだろう」「なんて素敵な場所なんだろう」って思います。
でも、同じものを見ても同じ写真は撮れない、当たり前ですが。
ボーっと見てるとなんてことのないものも、違うのですよね。
それはきっと「見えてる」と「見る」の違いなんでしょうね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ばあちゃんに会いに行きました

先日の出張のついでに、今は海老名のおばちゃんのところ(とは言っても、マンションの別室)にいるばあちゃんに会いに行ってきました。
どうもわたしの読書好きはばあちゃんに似たようです。
いろいろな話をしては「本に載ってた」って言うので、「ちょっとばあちゃん、なんの本を読んでるの?」と聞いたら、ほんとに何でも読みたいみたいで、いろんなジャンルの本がありました。
中古本交換などに行ってはさまざまな本を持ってきているようです。
保存食の本、食材の本、ミステリー…思えば盲導犬クイールの本は、前にばあちゃん家に行ったときに「わんこの本があるよ」って見せてもらったのでした。
そして今回の極めつけ。
トイレに行ったら本が置いてあって、ふと見たら「かわいい嫁と言われるには」というようなタイトル。
笑ってしまって「こんな本が!おかしい~」とばあちゃんに言ったら「読んで心得ておけ」と言ってました。ちらっとだけ読みました。

そんなばあちゃんがいつも言うのは
「今の自分に感謝しなさい」ということです。
そうだよね、と思いつつ、わたしにはなかなかできないことでもあります。
明日の自分は今日より良いかもしれないけれど、悪いことだってあるし、むしろ悪くなることのほうが多いと思う、だから、今のことに常々感謝して生きなさい、というのです。

常に向上心を持ちたい、というのはわたしの思うところですが、でも、向上心ていうのは「今のままじゃダメ」って、今の自分を否定してしまうことにもなり得ますし、いつもそれでは疲れてしまいますよね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004/06/10

文句を言うことと建設的な意見

さっき書き忘れました。

誰かがやったことに文句を言う人がいます。

やったこと、見えるものに文句を言うのは簡単。

でも、

だれもやっていないことを形にすることは難しく、かけがえのないことだと思います。

文句を言うことは簡単。

それをどうしたらいいのかを述べるのとはまた違うこと

| | コメント (0) | トラックバック (0)

くだらないことは気にしない

出張から帰ってきました。
もやもやとした気持ちのまま出かけ、もやもやしたまま帰りの新幹線に乗り、あれこれと考えていてふと気づいた空のきれいさ。
もやもやしてばかりで空を見ることも忘れているなんて、そんな人生いやだ!と急に思いました。
ひとのことをうらやんでしまったり、また、自分のことをよく知らないひとに「○○だからいいよね」と安易に言われてむかむかしたりするのですが、
見る目が違えば同じものも見え方が違うのですよね。
じぶんのことも、同じことを感じても「あれでこれでいやだなぁ」とも思えるし「こうでこうだから楽しい!」というふうにも思えるのですよね。
また、自分の仕事のこと、というかまわりのことを気にしすぎていやな気持ちになっていたのですが、そんなことを気にしているヒマはないはず!と思いました。
自分のやりたいこと、どうなりたいか、それを明確にしなければ。
やりたいことがいろいろあります。
そしてそれを阻むものもいっぱいあります。
でも
邪魔されたからってそのことをくよくよと考えてばかりじゃ何も進まないんですよね。
誰かが言っていました。
こうだからできない、ああだからできない、と言うのは簡単。
でも、できる理由はただひとつ。
本当にやりたいことだったら、やめる言い訳ばかり考えていられない。
そんな気持ちで帰ってきました。

でもやはり、「そんなのできない」「無理」「めんどくさい」という言葉ばかり聞こえます。
くだらない。
気にしないことにしたいものです。
でも、気になってしまい、イライラしてしまうのでしょうね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004/06/08

東京に来ています

昨日から明日までの出張につなげて、土曜日から東京に来ています。梅雨入りもしたようで、じめじめ蒸し暑く汗ばかりかいています。青森の梅雨は寒いので、違うなーと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2004年5月 | トップページ | 2004年7月 »